読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

保育士1年目の巻

2016年春から保育士になる人の日々の雑記、考えたいことなど。

4歳の担任になりました。

3月31日に入社式があり、本日が入園式でした。お天気もめちゃくちゃ良くて土曜保育の子どもたちも汗だく、最後は肌着で走り回るくらいw

担任発表も先週ありまして、私は4歳児担任になりました。(加配で+1なので二人担任です)もちろん主担任は一緒に組む先生で、20代後半くらいの先生です。

研修で1月から保育に入っていたので子どもたちも顔を覚えてくれていて、1日からスムーズに入ることができました〜。もう一人の担任の先生もひとつひとつ丁寧に仕事を教えてくれていて、じょじょに慣れていこ〜という感じです。

子どもたちもとても落ち着いていて、ほとんど身の回りのことはできるので、どれだけ集団としてまとめていくかの力が問われそうだなあ…と思います。あと加配としての子どもと、もう一人グレーな子もいるので、その二人に対する支援も勉強していかねばなあと思ってます。発達障害とか、自閉症とか、意味は知ってても実際どんな支援が必要とするのか、適切なのかは個々によっても異なるので、難しいな…と思っています。やっぱりみんなに合わせるのは二人ともつらそうなので、ちょっとでも過ごしやすく工夫していければいいなあ…と。

しかし何もわかっていないひよっ子なので、とにかく言われたことを「はい!はい!」といってひたすら動き回っている感じです。今日は年間行事ももらって、いよいよ新年度が始まるんだなあ…とワクワクドキドキです。嘘です不安のほうがもりもりです。

4月はとにかく一日のリズムに慣れて、主担任の先生の動きをよく見て、子どもをよく見ていくことが目標です。明日休んで、また月曜からぼちぼちがんばろー。